情熱がある限り

人の役に立とうとすることは本能のひとつだとおっしゃる方がいると思うのです。

いつの時代にも人と人とが支え合って生きていく光景があるはずですし、ある人に助けてもらったから、今度は自分がその人を助けようとする気持ちになることはごく自然なことなのです。人に尽くしていくことで絵に描いたような美しい光景を映し出していき、情のある人は、往々にして人のために動くことを厭わないのだと考えられるのです。

助け合おうとする精神は、古くから伝わってきた伝統のようなものであり、困った人が居れば迷うことなく助け舟を出す方は少なくないのです。東日本大震災で多くの人が被災地に足を運んで被災者を支援していることから、人を助けることがいかに重要であるかを表した代表例だと思うのです。

IT企業に応募する際に、合格率を上げるためにITの資格取得に身を入れていく方が多いことでしょう。就活に役立つ資格が最大の武器になることを信じているからこそ、資格を取るための努力を惜しまないと思い、努力次第で多くの応募者の中からダントツに抜きん出た応募者として面接官に意識してもらえるようになるのです。
自分のためにしている資格取得が、おのずと取得した資格を世の中のために活かすようになるわけです。まるで資格が自分を律しているように感じる方がいると思い、努力の末に取得した資格だからこそ、思い入れが深くなるのは当然なのです。資格取得が叶うことで、今まで頑張ってきた集大成を証明させているのです。

Leave a comment

(required)
(required) (will not be published)